プログラミングは両親も必修科目!?無料体験して感じた、子どもへの家庭内教育について!

2020年度から、小学校で「プログラミング教育」が必修化されることをご存じですか?
「プログラミング」と聞いて、今あなたは何を感じたでしょうか?

  • プログラミングについて、子どもに質問されても答えられないな。
  • なんで子どもに覚えさせるんだ。一部の技術者が覚えればいいじゃないか。
  • 私には関係ないな。

そんな風に感じた方が多いのではないでしょうか。

パソコンに悩む男性



実際、生涯を通してプログラミングに触れたことがある方は、非常に少ないのが現状です。

大学の学生数の統計では、

文系と理系の割合は7:3。
その理系のうち、プログラミングを必修科目として扱う学部は主に、「情報工学」「電気電子工学」などの学部が主体となるため、理系の大学だからと言ってプログラミングを学んでいるわけではありません。

あなたが現状、プログラミングに触れたことがないことは、当然の結果なのです。

しかし、子どもの教育カリキュラムで「プログラミング教育」が必修科目となり、
子どもが将来への夢に「プログラミング」に携わる仕事を挙げたとき
あなたはどのような反応をするのでしょうか

親しい人には自分が理解できない事柄を、全力で応援をすることができない人がほとんどです。

母親と子ども温かい笑顔
子どもの将来の夢を、全力で応援できる親になりませんか?
  • 子どものプログラミング授業に不安な方
  • 子どもとプログラミングについて楽しく話したい方
  • プログラミング自体に興味がある

この記事では、プログラミングとはどんなものがあるのか。またお金をかけずにプログラミングに触れることはできないのかをお伝えします。

子どもと「プログラミング」について笑顔で会話ができるようになりましょう!
それでは、プログラミングの基礎と、無料で体験できるプログラミングのオンライン学習サイトの紹介をスタートします!

プログラミングの必修化による学習の変化について

小学校から高等学校までの間で全ての生徒がプログラミングのほか、ネットワークやデータベースの基礎などについて勉強しますが、すべての学年で同時にスタートするわけではなく、

2020年度から小学校でのプログラミング必修化
2021年度から中学校でのプログラミング必修化
2022年度から高等学校でのプログラミング必修化

と段階を踏んで学習内容が変化していきます。


近年、グローバル化や、スマートフォンの普及、ビッグデータや人工知能(AI)の活用などによる技術革新が進んでいます。10年前では考えられなかったような激しい変化が起きており、今後も、社会の変化はさらに進むでしょう。
このように社会の変化が激しく、未来の予測が困難な時代の中で、子供たちには、変化を前向きに受け止め、社会や人生を、人間ならではの感性を働かせてより豊かなものにしていくことが期待されています。

政府広報オンライン

このように、私達、親の世代では考えられなかった教育改革の波が訪れてきているのです。

しかし、これは受け入れがたい変化ではありません!実際にITを含めたエンジニアの平均年収は、

  • エンジニア年収 平均551.2万円
  • 全職種の平均年収 平均458.1万円

(厚生労働省 賃金構造基本統計調査2017年)

となっており、今後のIT業界の進展と子どもの将来を考えたときに、決して悪い選択肢ではないでしょう。

変化する子どもの学ぶ内容について

では、実際に子どものカリキュラムについてです。

小学校

・各教科等の特質に応じて、「プログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動」を計画的に実施することを明記
・算数、理科、総合的な学習の時間において、プログラミングを行う学習場面を例示

小学校プログラミング教育の趣旨と計画的な準備の必要性について(1)文部科学省

と小難しく書いていますが、実は、小学校ではプログラミングという授業が増えるわけではありません。
プログラミング的思考(ものごとを論理的に考え、解決策を組み立てていく能力)を学ぶために、算数、理科、総合的な学習の時間において、プログラミングを行う学習場面を作るというものです。

中学校

プログラミングに関する内容を充実(「計測・制御のプログラミング」に加え、「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミング」について学ぶ)

小学校プログラミング教育の趣旨と計画的な準備の必要性について(1)文部科学省

として、基本的な仕組みを理解してプログラムの制作することや動作確認、コンピュータのプログラムの誤りを見つけて直す「デバッグ」をするなどの専門的な学習が行われます。

高等学校

・全ての生徒が必ず履修する科目(共通必履修科目)「情報Ⅰ」を新設し、全ての生徒が、プログラミングのほか、ネットワーク(情報セキュリティを含む)やデータベースの基礎等について学ぶ
・「情報Ⅱ」(選択科目)では、プログラミング等について更に発展的に学ぶ

小学校プログラミング教育の趣旨と計画的な準備の必要性について(1)文部科学省

として、より専門的な内容を学ぶことで、情報化やグローバル化といった社会的変化に対応できる、未来を生き抜く力を育てることが狙いとなっています。

 
小学校ではプログラミング言語を学ぶことはないんだね。
やはりプログラミングが分からないから、抵抗があるんだよね。。。
 
 
 

プログラミング アレルギーを緩和するために・・・

子どもと笑顔でプログラミングの話ができるように、少しでもプログラミングに触れてみませんか??

そんなあなたの為に、まずは私が体験してみました!
よく見る無料体験広告!

今回、体験してみた広告はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

CodeCampさんの無料体験コースです。
今回チェックする点は、

  • 無料体験を行うまでのスムーズさ
  • 初心者にも分かりやすいか
  • 無料体験終了後に、しつこい勧誘などはないか

を考慮してスコアをつけていきます!

 

CodeCamp 無料体験登録方法

リンクに飛ぶと直ぐに無料体験の案内が表示されます。

「無料体験を試してみる」

をクリック。

無料体験の希望日時を選択します。
直近の5日間で7:00~23:40まで!夜遅くまで選択できます。
一度の講義は40分間です。

 
会員登録方法を選択します。私はメールアドレスを登録しました。
メールを見ると、サイトから案内が届いているので、無料会員登録の続きを行います。

基本情報を入力すると予約が完了。実施前アンケートに進みます。

アンケートに答えていきます。
私は「初心者にも分かりやすいのか不安です」とアンケートに記載して登録しました。


アンケート送信完了をもってパソコンの動作環境の確認を行っていきます!

案内に従って、パソコンの設定を行っていけばOK!
また、講義にはGoogleアカウントが必要なので、Googleアカウントへの登録も必要となります。

そして受講当日・・・?

すべての確認が完了すれば受講を待つのみ!
担当の先生も決まっています。

さて、6月3日に講義を受けるぞ!ってなった当日。。。
メールが一通届きました。

本日は22時より体験レッスンのご予約を頂戴していたに関わらず、講師側の急な体調不良によりレッスンが実施できない状況になりました。

おぉぉ。。。
まじですか。
き、気を取り直して!!!もう一回予約しましょう!

受講当日、無料体験完了後の感想です!!!

受講完了しました!!!
講師は女性の方でした。
体験レッスンや受講相談を担当されている方で、プロフィールには初心者歓迎!と大きく記載されていました。

講義の内容は

  • プログラミングを学ぶにあたり、目的は何か。また、それにあった言語はどのようなものがあるか
  • 目的毎の勉強に必要な期間や、カリキュラム達成後にはどのような成果物ができるのか。
  • (子どもの教育とプログラミングについて質問しました)
    子どものITリテラシーは親のプログラミング理解度によることが多い。
    その為、親がプログラミングを毛嫌いをしている子は伸びづらいかもしれない。
  • もし転職や副業を考えているのであれば、Webデザインなどに特化したコースを受講することで幅は拡がるケースが多い。

など、プログラミングの基礎的なこと、家庭の状況を考慮しての話など、短い時間でもきちんと聞くことができ、あっという間の40分間でした。

今回の無料体験のスコアは

無料体験を行うまでのスムーズさ:
 急遽の講義キャンセルは予定が・・・
2
初心者にも分かりやすいか:
 プログラミング言語とは。また学ぶことでどのようなことができるか等、かみ砕いて教えてもらえます。
3.5
無料体験後に、しつこい勧誘などはないか:
 体験時、コースの説明はありましたが、勧誘はほぼなし。他の会社と比較されてきてくださいと言われました。
 翌日から、毎日メールが一通届きますが、特にストレスはなし。
4
総合 3.5

やはり、急遽の講義キャンセルは。。。
体調不良は仕方ないと思いますが。今回だけを見てしまうと★2にしました!

 
さて、元々の受講目的が、
「初心者が参加してプログラミングアレルギーは軽減できるのか」
でした。


この講義でゼロからプログラミングに触れ、興味を持つことができるような内容だったかと言われると、、、

厳しいかもしれません。
※スキルアップや転職などに利用する方がほとんどのようです。

 
しかし、少しでも体験することで、子どもが将来どのような勉強を行っていくのか想像ができるのではないでしょうか。


子どもがプログラミングをしたいと言った時に、

  • どのような環境が必要なのか
  • 習い事ではどのような雰囲気なのか
  • 子どもが習う言語で作れるものが、どのような物なのか

が分かったことで、その時にアタフタしない土台ができたと思います!
CodeCampさんだけじゃなく、他の無料体験もチャレンジしていきたいと思います♪

また次回の無料体験記録をお待ちください!
ありがとうございました♪

スポンサーリンク
プログラミングに苦手意識を持つ男性
育児など、いろいろ情報交換したいです! パパ友、ママ友募集中♪